白い陶器のようにつるんとした肌になりたい

冬場も日焼け対策をしっかり行ってほしい理由

   

夏場は太陽の出ている時間が長い上に照り付けている感じが強くなるので日焼けをしやすい状態になり、お肌への影響も強いです。そのため夏場は日焼け対策をしっかり行っているという人は多いですが、冬場はそれほど気にしていないという人もいます。

しかし冬場は意外に紫外線が多く降り注いでいます。そのためどんなに寒くて太陽の出ている時間が短くても、日焼け対策はしっかりとしておく必要があります。まずは帽子や日傘やサングラスなどのグッズを使用して対策をするという方法ですが、夏場は多くの人がこの方法を取って日焼け対策をしていることが多いです。しかしながら冬場になると、帽子やサングラスや日傘を使って日焼け対策をしている人は夏ほどは見かけなくなります。

実は冬場は太陽の位置が下に来る分斜めからの差し込みが強くなり、意外と紫外線を多く浴びている状態になりやすいため太陽が出ている時間帯が少ないとしてもお肌へのダメージを多く与えてしまうものです。

そのため帽子やサングラスや日傘などのグッズは、周囲の人が使っていない状態でも季節を問わず太陽が出ている間はきちんと使うべきです。また日焼け止めの使用に関しても、日中に外出する際は季節を問わず使用すべきです。

冬場は長そでを着ていることがほとんどなので、露出部分が少なくなりお肌への影響はそれほど大きくないと思われがちですし、ついつい日焼け止めを塗ることを忘れてしまうものですが、首や顔や手などどうしても隠せずに出てしまう部分はあります。

その部分については、夏場と同様に日焼け止めを塗るなどして対策をしておくべきです。またもちろん顔に関しては、メイクをする場合はUVカット機能のついた化粧下地やファンデーションなどを使用して冬場にしみやしわを増やさないようにしておくべきです。

夏場だけでなく、冬場もしっかりと日焼け対策をすることでお肌のしみやしわを本格的に予防することが可能になるのです。

 - 未分類