白い陶器のようにつるんとした肌になりたい

飲む日焼け止めは毎日飲み続けても副作用の心配はありません

   

紫外線対策はほぼ一年中必要なのですが、急いでいたり慌てているとついうっかり紫外線対策を忘れていて、思わぬ日焼けをしてしまいます。

ただ肌が黒くなるだけならいいですが、シミの原因にもなりますし乾燥してシワもできやすくなります。

塗る日焼け止めはどうしても塗り漏れができやすいですし、何時間置きに塗り直すなどの効果的な塗り方も難しいです。面倒だから、短時間の外出だからと塗らないでいると、毎日の積み重ねで少しずつ日焼けもしてしまいます。

そういう時に便利なのが「飲む日焼け止め」です。ビタミンC、ビタミンDなどの抗酸化作用の高い美容成分を配合することで、飲むだけで日焼け止めと同じような効果が期待できます。日焼けしないといわれると薬のような作用があるのかと思ってしまいますが、栄養機能食品に分類されているサプリメントですので毎日飲み続けても副作用の心配はありません。

これなら毎日飲む習慣さえつけておけば、うっかり日焼けも防げます。ただ「今日海に行くから、今日は飲んでおこう」というだけでは不十分です。やはり毎日飲み続けないことには効果は期待できません。

サプリの場合には、飲み忘れないために毎日同じ時間に飲むようにすると良いですね。サプリメントまでは飲もうとは思わないけれど、日頃から食生活で意識することでできる日焼け対策はあるのでしょうか。

日焼け対策に食べて欲しいのはビタミンCやβカロテンを含む食品です。ビタミンCというとかんきつ類が一般的なのですが、光毒性のあるソラレンを含んでいるため朝摂ると日中紫外線を吸収しやすくなってしまいます。

ビタミンCを摂るならかんきつ類ではキャベツ、βカロテンならにんじん、ほうれん草も栄養価が高く抗酸化作用にも期待できます。朝から色々食べるのは大変ですが、ミキサーにかけてスムージーとして朝食時に飲めば、紫外線対策にも期待できます。

茹でるとかさを減らすことができるのですが、ビタミン類は水に溶けやすく熱に壊れやすい特徴がありますので生食が理想的なのです。

 - お肌